夏は普段着を着るように浴衣着を楽しんでみる!選び方から洗濯まで

公開日: : 最終更新日:2014/07/27 服装

140629 0801 夏は普段着を着るように浴衣着を楽しんでみる!選び方から洗濯まで

夏は、お祭りや花火大会など外に出掛ける事も多くなりますが、そんなお出掛けの時に選ぶ洋服は迷うことが多かったり購入したりすることも多いと思います。

洋服選びは自分の好きな色や系統、ブランド等選んで着られるけど、和装は初心者には難しい。動きにくいし、自分には着こなせない、保管が面倒。

否定的な意見も多いと思いますが、浴衣なら初心者でも簡単に着こなせて、洋服感覚で柄や色見も選べる手頃な価格もあるので、今年は日本の夏らしく簡単に浴衣生活にトライできる方法お教え致します。

Sponsored Link

夏場の浴衣着のあれこれ

まずは好きな浴衣、帯を選びましょう

浴衣の柄や色など沢山種類がありますが、既製品の浴衣は大まかにサイズが決まっているので、自分の身長を目安にサイズを選びましょう。

柄は一番は自分の気に入ったデザインが良いと思いますが、年齢に合わせた柄選びよりは、自分らしく着こなせることが良いと思うので、気になった柄は何でも試着し、試着できなくても鏡で合わせてみましょう。

既製品の多くは帯とセットになってるものも多く、サイズを確認後は柄と色さえ選べばすぐ着れるようになってます。

 

浴衣に合わせる小物の選び方

浴衣に合わせる小物も最近では色んなデザインの物がありますが、例えば初めて履き物を購入するのであれば「下駄」を選ぶのが一番です。

かわいいミュールやサンダルも流行りで履くなら良いですが、浴衣を選ばず主張しすぎない履き物は「下駄」なので、1足は持つようにしましょう。

鞄は天然素材(籐や竹等)で出来てる物があわせやすいですね。髪飾りや帯飾りなの小物は浴衣の色に合わせて選びましょう。

また、浴衣を肌に触接触れさせるよりも、下にインナー(半襟という物)を着用する方が、浴衣の傷みは少なく済みますので、インナーも一緒に用意しておくと良いと思います。

 

浴衣の着用の仕方

いざ浴衣を購入したはいいけど、着方が分からない。って大問題ですよね。でも、焦らなくても大丈夫。

着付け教室に通う必要もなく、初心者でも自宅で練習して着こなせるんです。現代ではインターネットで「浴衣の着方」で検索すれば、写真や動画付で丁寧に説明してくれてる方がおられるのでじっくり何度も確認しながら着用練習できます。

ただ、これだけは押さえていきましょう。浴衣の前合わせは男女問わず「右前」で着用します(左側が上にくるという意味です。左前(右側が上にくる)は死人の着方になります)。この基本の形を覚えれば、後は帯を締めて形を整えればすぐ着られます。浴衣を簡単に着られる器具もあるのでチェックしましょう。

帯も同じように結び方のサイトがいくつもありますが、どれも難しいと感じた時には、ただリボン結びをしてリボンの形を整えるだけでもそれなりに出来上がりますし、最近はリボンタイプの帯や、すでに帯飾りが出来上がってる状態の物もありますので、好みに合わせて選びましょう。

 

浴衣スタイル時の髪型

浴衣を着用したときには、出来るだけ髪をまとめるアップスタイルがお勧めです。

女性らしさを強調できる(うなじ)を見せることも浴衣の良いところでもあるので、ひとまとめにするポニーテールやお団子スタイル、サイドでまとめるヘアスタイルがお勧めです。

 

浴衣の保存の仕方

浴衣は洗濯機で洗える素材が多いので、着用後はネット等に入れてどんどん洗いましょう。干すときは、広げて物干し竿に直接袖を通して干すと型崩れしにくいですが、シワをしっかり伸ばして干せば多少干しやすいようにコンパクトに畳んで干しても良いと思います。

ただ、浴衣には独特の畳み方があるので、畳み方はしっかり覚えるようにしましょう。この畳み方難しいものではありません。浴衣を大事に保管し、また何度でも着られるようにするための方法なので基本となる「本だたみ」だけでもマスターできるとよいですね。畳上がりが長方形の形になる畳み方です。

 

まとめ

浴衣は洋服を扱うようにすれば気軽にチャレンジできるものなので、自分らしく何度でも着用できる機会を自発的に増やせると、女性らしさもUPしますし、日本人らしさを実感できる良い着物です。

楽しく、涼しく着用できる浴衣生活を始めて、新たな自分磨きの1つにされてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

140703_2102

体系の悩みをカバーしてくれる水着は、どんな水着なの?

夏になると、プールや海でのレジャーが人気となります。最近では、温泉にプールがついている施設も

記事を読む

140703_2101

誰よりも美しく夏の浴衣を着こなすファッション術を学ぼう!

夏といえば、各地で行われているお祭りや花火大会も多くの人が楽しみにしているイベントの一つにな

記事を読む


140703_2103
夏場の炎天下での駐車中の車内温度と熱中症の危険とは!

夏、ニュースを見ていると、毎年のように、車中に、残された乳幼児

140703_2102
体系の悩みをカバーしてくれる水着は、どんな水着なの?

夏になると、プールや海でのレジャーが人気となります。最近では、

140703_2101
誰よりも美しく夏の浴衣を着こなすファッション術を学ぼう!

夏といえば、各地で行われているお祭りや花火大会も多くの人が楽し

140703_2001
夏の熱中症対策は何か用意をしていますか?きちんと知識を事前に学びましょう

夏は、海に、プールにお祭りにと子供も大人も楽しむことができる楽

140702_2001
夏場に外で中で思いっきり遊んでストレス発散し楽しむ方法

みなさん、夏です。一頃に比べると、だんだんと日中の温度が高くな

→もっと見る




PAGE TOP ↑