夏だからこそ楽しめる体にも嬉しい食べ物で夏を乗り切ろう!

公開日: : 最終更新日:2014/06/30 食べ物

140629 2101 夏だからこそ楽しめる体にも嬉しい食べ物で夏を乗り切ろう!

夏になると暑くて食欲も落ちてしまいがちですね。食べたい料理も限られてきて、気づけば毎日同じものを食べてる何て事もありますよね。

そうなると、栄養も偏りがちになり身体を動かすことも億劫になってきて..っと結果的に体調を崩すことになります。

料理を作るにも気力がいるこの時期、毎日同じメニューでも、ひと手間かけるだけで美味しくなり、体にも嬉しい料理が作れると、夏の料理も楽しくなりますよね。そんなメニューを料理苦手な方にでも出来るようにご紹介致しましょう。

Sponsored Link

夏に嬉しい食べ物

麺類は具材を変えて沢山食べよう

素麺やラーメン、うどんや蕎麦等冷たくして食べることが多くなる夏、麺を湯がいて冷やして汁で食べるのはすぐ出来て簡単ですね。

でも、それだけでは栄養面も不足しているので、麺類を食べる時は出来るだけサイドメニューや麺にのせる具材を工夫しましょう。

たとえば、冷麺は、お野菜や卵、お肉など色んな具材を少しづつのせてあることが多いですが、この冷麺を参考に、例えば冷やしうどんにトマトと豚や鶏挽き肉を炒めて塩コショウしただけの物をのせて、お出汁をかけて食べたり、冷しゃぶ等のせてポン酢をかけて食べるぶっかけうどんなんてお勧めです。

 

暑い時期にこそ酸っぱいものを食べましょう

熱中症に塩と水が良いように、食事の際のメニューにも[酢の物]やさっぱりしたおかずを加えるようにすると、体の疲れも取れて良いので、積極的に酸っぱいものを食べましょう。

梅干しはお弁当に入れると食中毒予防にも一役かうようですし、トマトやゴーヤも夏場に摂取するにはお勧めの食材です。他にもゴーヤを含むウリ科の野菜は、水分補給には取って置きの食材です。

 

ネバネバ、トロトロな食材を組み合わせて

食欲がなくなる時期に、少しでも栄養を採りたいときには、ネバネバ・トロトロな食材を合わせてしまって、1度に摂取することも美味しい食べ方です。

ネバネバといえば納豆。トロトロと言えば長芋。他にもオクラや、海草類のワカメやもずく等も食欲が無くても食べやすい食材です。

納豆と短冊切りにした長芋、細かく切ったオクラと、ワカメを加えて、味付けは青じそドレッシングやポン酢などお好みの調味料を少し加えるだけ。あとは軽く混ぜ合わせてそれだけ食べるのも良しですし、麺類に合わせても良いですね。この酢の物にキュウリやタコ、夏が旬のイカ等合わせても美味しいです。

 

豚肉と玉ねぎは夏バテ予防にも効果大

豚肉と言えば、疲労回復に役立つビタミンB1が豊富なのはご存じの方も多いと思います。

しかし、ビタミンB1だけでは代謝しにくいということもあり、その代謝をスムーズにしてくれるのが玉ねぎなのです。

玉ねぎに含まれるアリル化合物という物質が豚肉に含まれるビタミンB1と一緒になり体内への吸収を行いやすくなるので豚肉と玉ねぎの相性がとっても良いのです。ネギ科の食材にはアリル化合物が含まれていることが多いので、青ネギやニンニク等とも相性ばっちしなのです。

豚肉と玉ねぎの組み合わせで食べるメニューであれば、生姜焼きがメジャーではないかと考えますが、生姜は炒めすぎると香りも色も落ちてしまうので、まずは豚肉、玉ねぎの順に炒めて、醤油、料理酒などで味付けした後、調理の最後に生姜を入れて混ぜ合わせるのがお勧めです。

 

夏だからこそ鍋料理を楽しもう

鍋料理は冬の定番ですが、実は夏にも最適なメニューだったりするのです。お鍋には沢山の野菜が使われます。

しかも生野菜で食べるよりも栄養値が高いので気軽に野菜を摂取できる嬉しいメニューなのです。暑いからこそ普段以上に汗をかいて、新陳代謝を良くすることも大事なので、夏にお勧めな鍋料理はキムチ鍋やラタトゥイユです。

キムチ鍋は唐辛子に含まれるビタミンCで美肌効果とカプサイシンのダイエット効果、ビタミンAの老化防止効果がありますし、他の食材のニンニクや生姜にも効果があるため、その成分と野菜を摂取することで体も元気になれるので、家族や仲の良いメンバーで汗をかきながらの鍋パーティーも楽しいのではないかと思います。

 

まとめ

夏は暑いだけでなく、実は体調を崩しやすい季節でもあるので、出来るだけ沢山の栄養を気軽に採れるように心がけることで、体調を保てて元気に夏を楽しめることが出来ます。

いつも食べてるメニューにちょっと夏の旬な食材をプラスするだけで夏を乗りきれる身体作りが出来るので、是非とも積極的に食事を楽しむようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

記事はありませんでした


140703_2103
夏場の炎天下での駐車中の車内温度と熱中症の危険とは!

夏、ニュースを見ていると、毎年のように、車中に、残された乳幼児

140703_2102
体系の悩みをカバーしてくれる水着は、どんな水着なの?

夏になると、プールや海でのレジャーが人気となります。最近では、

140703_2101
誰よりも美しく夏の浴衣を着こなすファッション術を学ぼう!

夏といえば、各地で行われているお祭りや花火大会も多くの人が楽し

140703_2001
夏の熱中症対策は何か用意をしていますか?きちんと知識を事前に学びましょう

夏は、海に、プールにお祭りにと子供も大人も楽しむことができる楽

140702_2001
夏場に外で中で思いっきり遊んでストレス発散し楽しむ方法

みなさん、夏です。一頃に比べると、だんだんと日中の温度が高くな

→もっと見る




PAGE TOP ↑