体系の悩みをカバーしてくれる水着は、どんな水着なの?

公開日: : 最終更新日:2014/07/05 服装

140703 2102 体系の悩みをカバーしてくれる水着は、どんな水着なの?

夏になると、プールや海でのレジャーが人気となります。最近では、温泉にプールがついている施設もあり、お気に入りの水着が一着あれば、一年中そういった施設で楽しむことができるようになりました。

しかし、女性にとっては、水着になるということ自体が、自分の体のコンプレックスを人にさらすようなことになり、水着を着ることを躊躇してしまう人も多くいます。

誰でも、体のどこかには自信がない部分、コンプレックスを感じている部分というものがあります。全身自信思っているという人は、稀でしょう。水着は体にフィットするため、隠せないと思っているかもしれませんが、少し工夫を凝らした選び方をするだけで、気になる部分が、自然と気にならなくなることでしょう。

Sponsored Link

体型の悩みをカバーしてくれる水着

胸が小さいことがコンプレックスの方の水着

胸の大きさに悩みを持つ女性も多くいます。

洋服であれば、今は胸を少し上げてくれるようなブラジャーもありますが、水着だとそうもいきません。

特に、出産後などは、授乳の影響などで胸がしぼんでしまうということもよくあります。胸に自信がないために、人目を避けたいと思い、ついシンプルな水着を選んでしまっていませんか?そうではなく、ポイントは、胸の周りに飾りがあるものを選ぶとよいのです。フリルがふんだんにあるものや、大き目のリボンがついているものである水着がお勧めになります。

また、水着の素材にも注目してみることが大切です。水着は、多くのものがぴたっとフィットし薄手の素材のものが多くあります。しかし、この体系の悩みを隠すためには、フェルトやパイル素材など素材自体がふんわりとしているものを選ぶようにしましょう。また、色彩的には、ベビーピンクなどのパステル調の淡い色合いのものがお勧めです。黒や、紺など体が引き締まって見えるものは避けましょう。

 

下腹部がふっくらと気になる方の水着

女性は、年齢が上がってくると、下腹部がぽっこりと出てしまう体系の人が多くいます。

出産なども大きくかかわっているようです。おなかも出ているし、水着を着る場所には行かないようにしているという人は、よい運動ができるチャンスを逃しています。

特に女性などは年配になればなるほど、股関節やひざなどに痛みが出やすくなってきます。そういったときにも、プールや温泉プールなどでは、水中でウォーキングなどの運動が最適な運動になるのです。関節の痛みを抑えつつ、効果的な運動ができるようになります。

そのためにも、体系が気にならなくなる水着を選んでおくことは、必要です。下半身のお悩みを隠すためには、視覚の錯覚の効果を利用しましょう。上半身に目がいくように、薄手で襟ぐりの広いTシャツや、パーカーを着てみましょう。大き目のものを上にはおるだけで、人の視線は自然と上半身に集まるものなのです。また、運動などの際に上半身の邪魔になるようであれば、シャツなどは下半身に斜めに軽く巻いてしまうのもいいです。気になる部分を適度に隠してくれる効果が期待できます。

 

足が太いことが気になる方の水着

足の太さは、若ければ若さの証拠になりますし、女性であれば、ふんわりと柔らかな印象が魅力になることが多くあります。

しかし、テレビの芸能人たちのスタイルなどの影響から、やたらに細い足に憧れを抱き、自分の足に自信が持てないという女性も多くいます。

このコンプレックスの対策としては、腰にパレオを巻いたり、スカーフを巻くことで視覚がそらされることになります。さらに、水着はシンプルなものを選び、スカーフやパレオはおしゃれながら物を選ぶと、ファッションセンスが磨かれた水着を着こなしていると感じられます。

また、ヒールのついたビーチサンダルを履くようにすることでも、足が長く見え、太さを感じなくさせる効果が期待できます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

楽しい夏の行事の時には、体のコンプレックスで悩まないようにしたいものですね。自分の体系にあった水着を選び、思う存分楽しめるようにしましょう。後悔のない夏を過ごしましょう!

スポンサーリンク

関連記事

140629_0801

夏は普段着を着るように浴衣着を楽しんでみる!選び方から洗濯まで

夏は、お祭りや花火大会など外に出掛ける事も多くなりますが、そんなお出掛けの時に選ぶ洋服は迷う

記事を読む

140703_2101

誰よりも美しく夏の浴衣を着こなすファッション術を学ぼう!

夏といえば、各地で行われているお祭りや花火大会も多くの人が楽しみにしているイベントの一つにな

記事を読む


140703_2103
夏場の炎天下での駐車中の車内温度と熱中症の危険とは!

夏、ニュースを見ていると、毎年のように、車中に、残された乳幼児

140703_2102
体系の悩みをカバーしてくれる水着は、どんな水着なの?

夏になると、プールや海でのレジャーが人気となります。最近では、

140703_2101
誰よりも美しく夏の浴衣を着こなすファッション術を学ぼう!

夏といえば、各地で行われているお祭りや花火大会も多くの人が楽し

140703_2001
夏の熱中症対策は何か用意をしていますか?きちんと知識を事前に学びましょう

夏は、海に、プールにお祭りにと子供も大人も楽しむことができる楽

140702_2001
夏場に外で中で思いっきり遊んでストレス発散し楽しむ方法

みなさん、夏です。一頃に比べると、だんだんと日中の温度が高くな

→もっと見る




PAGE TOP ↑