とにかく蒸し暑い!家でできる最低限の夏の暑さ対策!

公開日: : 季節対策

140608 1601 とにかく蒸し暑い!家でできる最低限の夏の暑さ対策!

日々、暑くなってきて、夏も近づいてきました。

夏というと梅雨明け以降をイメージしますが、近年ではもう5月から結構ジメジメ暑い日が続いています。もはや春なんてものが無くなるんじゃないかというくらい夏が早まっていますね。

夏に暑さのために熱中症などで倒れたり、場合によっては重症化して亡くなる人もいます。

その暑さ対策を家庭においてどのように行えば軽減できるか、という事について考えてみました。

Sponsored Link

家でできる最低限の暑さ対策

熱中症などにならないための対策

例えば子供がいたりする場合、外出時には本当に気を使います。

熱中症を防ぐために、帽子をかぶせたり、水分を取らせたりと、色々と対策を練っているという御家庭も多いのではないかと思います。

 

この熱中症ですが、外出時は太陽の光にあたるので、わりと用心する事を忘れませんが、家庭において、室内にいる場合は、ついつい水分の補給を忘れがちになってしまいます。

特に30度を超える日は、熱中症をおこす危険度もあがりますので、一時間にコップ一杯の水分を取るのを、それぞれ声をかけあって忘れないようにしましょう。

 

また、水分と言っても利尿作用が高い物やアルコールは水分としての役目をはたしていませんので、気をつけましょう。そして、高齢者が家庭にいる場合は、特に注意が必要となります。

水分と合わせて塩分の摂取も必要となります。例えば暑い盛りの昼食は、梅干しを一つ加えて塩分補給をするといった感じで、上手に生活の中で熱中症になるリスクを減らしましょう。

 

暑さによる疲れを防ぐ

暑い日々が続くと、どうしても疲れやすくなります。そんな時、夜も熱帯夜などであまり睡眠がとれていないと体調を崩す事となるでしょう。それを防ぐために、夜は涼しく快適に眠れるような対策をとってみましょう。

 

窓を開けて外気を入れるのは、昨今の治安の状況から見てもお勧めできませんし、虫などが侵入してくる恐れもあります。

しかし、エアコンも一晩中ずっとつけっぱなしというのも経済面を考えても躊躇してしまいます。

エアコンの設定温度を高めにして乗り切るという御家庭がほとんどだと思いますが、家族の中でもその温度では暑すぎると感じる人はいるかもしれません。特に、男性は女性より暑いと感じがちでしょう。

 

それに対しての対策は、例えば寝具などを涼しく感じる涼感タイプのものに変えるのもひとつの手です。

最近はスーパーなどでも家庭用品売り場などに、そういった涼感タイプのシーツやベッドのマットなどが販売しています。

そういったものに変えるだけで、ずいぶんと寝苦しさは取れるでしょう。シーツ以外にも、同じようにパジャマや女性のインナーなど、涼感タイプのものがあるので、あわせてそういうアイテムを取り入れましょう。

子供など、夜寝ている時にはかなり体温が高くなっています。頭を冷やす氷枕や、首を冷やすアイスマフラーなどもあるので、あまりに暑がるようでしたら、使ってみてもよいでしょう。

 

夏バテしない食事をとる

暑いとどうしても食欲は落ちますし,簡単な物や冷たい物ばかり食べてしまいがちです。それはそれで涼しく感じてよいのですが、体力的にはもう少ししっかり食べた方が良いでしょう。元気の出る肉類をはじめとしたタンパク質を、毎日ある程度はとりましょう。

そして、冷たい物ばかりですと、内臓から体を冷やす事につながり、かえって疲れやすくなったりします。しっかりと火の通ったものを食べ、夏バテをしないようにする事が、大事なのです。

特にオフィスワークの人など、職場ではエアコンが効きすぎて体が冷え切ったという事はありませんか。そういう人は、温かいみそ汁やスープを取り、体をしっかり温めましょう。

 

意識的に休養をとる

夏は色々なイベントがあって、休みの日はもちろん、平日も何かと出かける事が多い時期でしょう。

色々お楽しみがあるので、体が疲れていてもついつい出かけてしまい、結局は休みの日が休めなかった、という事はありませんか?

出かけたいのはやまやまですが、ある程度休息の時間も確保して、体調を整える事を忘れないようにしましょう。仕事はもちろん、子供も学校が始まってから、どっと疲れが出るようなことにならないように、気を付けてあげましょう。

また、一日のうちの外出でも、最も暑い正午から夕方までは、できるようなら外出は避けた方が無難でしょう。毎日の買い物などは、午前中や午後、涼しい時間になってから、出かけるようにしましょう。

 

まとめ

家庭でできる暑さ対策は、簡単な所でもこれだけあります。

家族で協力して、ぜひ暑い夏を乗り切ってください。そして、夏の良い思い出を作っていただけたらと思います。

スポンサーリンク

関連記事

032

夏場に絶対にやっておきたい〇〇対策3選!コレで夏も快適!?

年々夏の暑さが強まったり、異常気象のゲリラ豪雨に見舞われたり、予測不可能な天候が多い中でどう

記事を読む

140703_2001

夏の熱中症対策は何か用意をしていますか?きちんと知識を事前に学びましょう

夏は、海に、プールにお祭りにと子供も大人も楽しむことができる楽しいイベントがたくさんあります

記事を読む

140618_2201

節電!?けど暑い!!そんなあなたのために必要な快適になる暑さ対策

夏のうだるような暑さは身も心も疲れますね。さらに熱帯夜が続くと睡眠不足にも・・・ 電気

記事を読む

140702_2001

夏場に外で中で思いっきり遊んでストレス発散し楽しむ方法

みなさん、夏です。一頃に比べると、だんだんと日中の温度が高くなり、もう暑すぎて外にでるのもい

記事を読む

140703_2103

夏場の炎天下での駐車中の車内温度と熱中症の危険とは!

夏、ニュースを見ていると、毎年のように、車中に、残された乳幼児が熱中症になって、救急車で病院

記事を読む


140703_2103
夏場の炎天下での駐車中の車内温度と熱中症の危険とは!

夏、ニュースを見ていると、毎年のように、車中に、残された乳幼児

140703_2102
体系の悩みをカバーしてくれる水着は、どんな水着なの?

夏になると、プールや海でのレジャーが人気となります。最近では、

140703_2101
誰よりも美しく夏の浴衣を着こなすファッション術を学ぼう!

夏といえば、各地で行われているお祭りや花火大会も多くの人が楽し

140703_2001
夏の熱中症対策は何か用意をしていますか?きちんと知識を事前に学びましょう

夏は、海に、プールにお祭りにと子供も大人も楽しむことができる楽

140702_2001
夏場に外で中で思いっきり遊んでストレス発散し楽しむ方法

みなさん、夏です。一頃に比べると、だんだんと日中の温度が高くな

→もっと見る




PAGE TOP ↑