あると絶対便利!花火大会に行くときに役に立つ持ち物・必需品リスト

公開日: : 花火大会

140507 2301 あると絶対便利!花火大会に行くときに役に立つ持ち物・必需品リスト

あなたは花火大会にいったときこんなことを経験したり、思ったことがありませんか?

「手が汚れちゃった・・・(ティッシュ・ポケットティッシュ)」

「雨だ!予報では降らないってあったのに!!濡れちゃうよ(折り畳み傘)」

「コンビニすっごい並んでるよ・・・(食べたい)」

「あっ!スマホの充電が切れちゃった・・・(充電器)」

などなど、、、
花火大会だったから楽しさいっぱいな気持ちで、極々当たり前なものを用意するのを忘れていた!ということを。

そんなイヤ~なことを経験する前に花火大会であったら「必ず役に立つ持ち物・必需品」をリストアップしてみました。「花火大会は頻繁に行かないかな別にいいかな?」とは思わず参考にしてみてください。家族・友達・恋人と行くときにサッと必要なものを出せばあなたの株が上がるかも!

Sponsored Link

身に付けるもの関連

帽子

花火大会が夜から始まるとはいえ、数時間前から場所取りをする人はもちろんのこと、当日はお昼ごろから行動される人が多いので帽子を被って熱中症(日射病・熱射病)対策を心がけておきましょう。

帽子もツバがあり風通しの良いタイプを選んでかぶりましょう。

 

日傘

男性は「日傘を使いましょう!」と言われてもなかなかさしづらいですよね?主に女性が使用するものですが、帽子と同じく熱中症(日射病・熱射病)対策の必需品なのでサイズが小さくても持ち運ぶようにしましょう。

 

折り畳み傘

花火大会当日は晴天という予報でも昨今では「ゲリラ豪雨」が話題になっています。そんな「ゲリラ豪雨」を避けるために100円ショップで購入できるような簡単な折り畳み傘を持ち運ぶと良いでしょう。

折り畳み傘を持っていないがために雨に濡れてしまい、翌日風邪などを引かないように注意しましょう。

また、黒色の折り畳み傘を持っていれば日中は日傘としても活用できます。

 

レインコート

折りたためるポケットタイプのレインコートがあると便利です。100円ショップに売っていたりするので、もし仮に使用してもそのまま捨てることができます。エコではありませんが。

 

防寒着

夏場といっても夕方から冷え込んだり、花火大会は川沿いや海沿いなどで行われるので風が強く吹き付けて寒くなります。見に行く花火大会の開催場所によっては1枚余分に持って行くといいでしょう。女性男性問わずカーディガンくらいがちょうどいいかもしれません。

風対策として上記レインコートを着こむだけでもかなり違うのでどちらかは持っていく方がいいかと思います。

 

日焼け止め

身に付けるもの・・・とは違いますが、花火大会じゃなくても夏場全体で日焼け止めは必ず塗りましょう。「若いうちは全然気にしないから!」と言っていても5年後、10年後にシミが出来てしまいます。今は良くても将来を考えると日焼け止めは絶対に必要です。

バッグには絶対に持っておきたい夏の必需品です。

 

拭くもの関連

タオル・ハンカチ

もはや避けることのできない「汗」。タオルもしくはハンカチは必ずもって行きましょう。女性は心配なさそうですが、男性の場合、忘れて自分のシャツなどで汗を拭いてしまいそうですが、シャツが汗や埃で汚れてしまいますし、なにより衛生的に良くないのでタオル・ハンカチは持ち運びましょう。

 

ティッシュ・ウエットティッシュ

花火大会では屋台の食べ物がとても魅力的ですよね?ただ、うっかりしていると手にこぼしてしまったりします。そのままにすると手がベトベトして不愉快です。ティッシュ・ウエットティッシュを持っていればキレイサッパリになります。

 

制汗シート

主に男性が使用するものですが、どんなに汗を拭いてもベトベトしてしまうもの。そんなときにドラッグストアやコンビニなどで販売している制汗シートで汗や皮脂を根こそぎ拭き取りましょう!女性からの印象もアップするかもしれませんよ。

 

飲食関連

冷凍させた飲み物

自宅からそのまま花火会場に向かうのであれば冷凍庫でキンキンに凍らせた飲み物を持って行きましょう。凍らせたものであれば比較的冷たい状態が長く続きます。

もしヌルくなったら・・・自動販売機で冷たい飲み物を購入しましょう。夏場は知らず知らずのうちに脱水症状に陥っているものです。「お金がもったいないから」などは気にせずに購入しましょう。また、「まだ余っているから」と思っていても混雑で飲み物が購入できない場合もあるのでできるだけ早めに飲み物を補充しておくことが大切です。

飲み物に関してですが、お茶やビールなどは利尿効果があるのでできることなら水を飲むほうがいいと思います・・・が花火大会では難しいお話ですね。トイレの位置はしっかり把握しておきましょう!

 

塩飴

夏場は塩分が失いがちです。失うことで熱中症を引き起こしてしまいます。通常のアメよりも「塩分」が入っている「塩飴」を舐めるなどして熱中症対策を心がけましょう。

 

軽食

花火会場には屋台があったり、近くにコンビニがあったりするので気にする必要がないと思いますが、もし混雑などで利用できない場合に備えて軽食を持って行くといいかもしれません。

 

その他

ビニール袋

ゴミのポイ捨ては絶対にイケません!ゴミがでるようであれば事前にビニール袋を持参してそこにまとめるようにしましょう。毎年、花火大会後の会場付近ではゴミのポイ捨てが目立っており、近隣住民が迷惑をしているのでポイ捨ては止めましょう。

 

絆創膏

何気に持っていない人が多いんですけど、持っている人がいるとヒーローになれるシロモノです。花火大会には浴衣で行かれる方も多いはず。その際に下駄や草履を履かれると思うのですが、普段履いていないのでかなり歩きづらい・・・そのためか靴ずれが起こる可能性があります。そんなときに絆創膏があると非常に助かります。

 

虫除け対策グッズ

夏場といえば「蚊」。花火会場に大勢の人がいてもほぼ確実に刺されてしまうほど多くの蚊が存在しています。

虫除けスプレーやクリーム、最近では首からぶら下げるタイプのものがあるので常備使用することをオススメします。

 

携帯トイレ

花火会場近くのトイレはどこも激混みです。そうならないように事前にトイレは済ませておくのですが、どうしても我慢ができない場合は・・・携帯トイレで事を済ませましょう。

注意点としては、なかなか人気がないところがないということです。

 

折りたたみのイス

「地べたに座るのはちょっとイヤ」という方は折りたたみのイスを持参しましょう。なにげに100円ショップで販売されていたりします。ただ、重さは負担にはなりませんが、サイズがちょっとかさばるかもしれないので実際に見てみてから検討してみてはどうでしょうか?

 

懐中電灯

花火会場は明るくて見やすいかもしれませんが、何気に手元や足元は暗くて見づらいもの。小さめの懐中電灯(ペンライトなど)を持っておくだけで安心します。

 

充電器

花火大会当日は電車の時刻を調べたり、地図で会場を確認したり、友達とメールやLINEで待ち合わせをしたり、スマホで写真を撮ったりと気づいたら電池がかなり減っていると思います。最低でもスマホを1回、安心させるために2回ほどフル充電できる充電器を持っておくと非常に便利です。

コチラの充電器はスマホを1-3回フル充電が可能でLEDライトも付いているスグレモノです。Ankerというモバイルバッテリーでは有名ドコロの製品です。

 

レジャーシート

そのまま地べたに座るのはとっても汚いですよ。必要人数に応じて適度なサイズを選んでおきましょう。あまりにも大きすぎるサイズを広げて他の人に迷惑にならないように。

花火大会によってはレジャーシートに座って見ることもできない場合があるので注意が必要です。

 

帰りの切符・SUICA/PASMOのチャージ

花火が終了すると多くの人が最寄り駅に押し寄せます。その際に切符を購入してないがために券売機に並ばなくてはいけません。あまりにも時間がもったいないので、できることなら花火を見る前に最寄り駅で帰りの切符を購入しましょう!

ほとんどの人がSUICAやPASMOを持っていらっしゃるので切符を購入する必要はありませんが、万が一チャージ不足により改札口で「ピー」とならないように事前にチャージしておきましょう。誰かと一緒に花火大会に行って帰りに1人だけ改札を通れなかったら迷惑をかけてしまいますからね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「これは考えていなかったな!」「確かにあったほうがいいよね?」というものがありましたでしょうか?

花火大会は地域柄何度も見に行く機会はないと思いますが、思い出に残るような花火大会を過ごすために事前準備しておいてはどうでしょう!

花火大会に必要な持ち物を買うなら楽天で!

アマゾンでもチェックしておこう! あると絶対便利!花火大会に行くときに役に立つ持ち物・必需品リスト

スポンサーリンク

関連記事

img_main02

神宮外苑花火大会2014の日程や時間 – よく見える穴場スポットやホテルは?

「東京湾大華火祭」「隅田川花火大会」と並んで称される東京三大花火大会の1つである「神宮外苑花

記事を読む

main_img10

横浜開港祭花火大会2014の時間は?穴場としてレストランやクルーズあり

毎年5月下旬か6月上旬頃に開催される横浜開港祭。横浜開港祭花火大会(正式名称:ビームスペクタ

記事を読む

top_img_130729

隅田川花火大会2014の日程や会場は?穴場のオススメ場所やホテルはどこ?

東京都で開催される花火大会で最も有名なものといえば、「隅田川花火大会」が候補として名乗りでる

記事を読む

41PUJeGpeCL

夏といえば花火!花火といえばこの曲!定番ソング7選

夏といえば何を連想するでしょうか? 花火 夏祭り お盆・帰省 海外旅行・国内旅行

記事を読む

kp0445-540x355

鎌倉花火大会2014の穴場やホテルは?有料観覧席はまだある?

神奈川県鎌倉市にて開催される「鎌倉花火大会」。 残念ながら2013年には世界文化遺産と

記事を読む


140703_2103
夏場の炎天下での駐車中の車内温度と熱中症の危険とは!

夏、ニュースを見ていると、毎年のように、車中に、残された乳幼児

140703_2102
体系の悩みをカバーしてくれる水着は、どんな水着なの?

夏になると、プールや海でのレジャーが人気となります。最近では、

140703_2101
誰よりも美しく夏の浴衣を着こなすファッション術を学ぼう!

夏といえば、各地で行われているお祭りや花火大会も多くの人が楽し

140703_2001
夏の熱中症対策は何か用意をしていますか?きちんと知識を事前に学びましょう

夏は、海に、プールにお祭りにと子供も大人も楽しむことができる楽

140702_2001
夏場に外で中で思いっきり遊んでストレス発散し楽しむ方法

みなさん、夏です。一頃に比べると、だんだんと日中の温度が高くな

→もっと見る




PAGE TOP ↑